YURIKO OSUMI

大住 有里子

助教 (Assistant Professor)

researchmap

略歴

 

学習院大学大学院博士後期課程単位取得退学。

日本大学文理学部、法学部など非常勤講師を経て2020年より現職。



研究分野

[専門分野]

シェイクスピア

 

[研究テーマ]

 

 

[主要論文]

「『ロミオとジュリエット』の死のドラマトゥルギー」(Shakespeare Journal, vol.51、2019)

 

「『お気に召すまま』におけるロザリンドとエリザベス一世」(文学と歴史の曲がり角ー英米文学論集、2014)

 

「Othelloにみる『黒い皮膚白い仮面』」(英米文学の精神分析学的考察 第2巻、2013)

 

[所属学会]

日本英文学会、シェイクスピア協会


趣味・特技等

 うたうこと、おいしいものを作る・食べること


文学部で学ぶ人たちへ

研究室では副手3名と私で、みなさんが「利用しやすく、気軽に相談できる場所」を目指して、日々業務を行っています。図書や雑誌の閲覧・貸出、レポート提出の受付などの業務のほか、履修相談はもちろん、留学や学生生活に関する様々な相談を受け付けています。学生閲覧室は、勉強したり、お昼を食べたり、自由に利用でき、学生同士の良い交流の場になっています。コロナ禍のいま、オンライン上にも交流の場を設けたいと模索しています。